スポンサーリンク
ハホニコ・ハッピーライフ

縮毛矯正の頻度は!?かけるタイミングのおすすめを紹介します。

スポンサーリンク
縮毛矯正をかけた髪縮毛矯正のお話し
この記事は約4分で読めます。

美容師歴22年の佐々木真吾です。

縮毛矯正は僕が美容師になって一年目に規制緩和になり、かれこれ31やってます。毛髪科学も集中的に学んでいたこともあり、かなり詳しい方だと思います。

そんな僕がおすすめする縮毛矯正の頻度について書いていこうと思います。

かけるタイミングになやんでいる人は参考にしてみてください。

縮毛矯正の頻度は!?

どのくらいの頻度で縮毛矯正をかけたら良いですか!?

佐々木真吾
佐々木真吾

ずばり3ヶ月です。その根拠について説明します。

縮毛矯正の頻度は、おおむね3ヶ月が目安になってくると思います。

なぜなら3ヶ月立つとくせ毛が気になってくるからです。では3ヶ月だとなぜ気になってくるのかを説明していきます。

髪は1ヶ月に約1cm伸びる

髪について伸びるスピードですが、1ヶ月に約1cm伸びます。

デミコスメティックスのサイトにもこう書かれています。

・髪は1ヶ月に約1cm伸びます。
・通常、髪は1日で50~150本ほど抜けます。
・1日に200本以上抜けると、ストレスや頭皮のトラブルの疑いがあります。
・髪は平均3~5年(女性で4~6年)かけて成長します。
(参照元:デミコスメティックス)
https://www.demi.nicca.co.jp/salonsupport/beauty1_detail_02.html

勿論、個人差があるのですが、平均にするとこのくらいになります。

ここに縮毛矯正をやる時に根元を少し外してやるので(断毛しないように)1cm外してやったとすると4cmくせ毛が出ていることになります。

強いくせ毛の場合は4cmくせ毛だと完全に気になってしまいますね。

逆に弱いくせ毛の場合はまだ気になるレベルではありません。では、「かけなくても良いのか!?」という話しになると思います。

結果、かけなくても良いです。(笑)

あれ、さっき3ヶ月って言っていたじゃないですか!!

佐々木真吾
佐々木真吾

実はこれには訳があります。

3ヶ月に一度で綺麗な状態を維持出来る

くせの強さによって変わるので、一概にこの時期が良いというのは個人差があります。
ただ、一律的に言わせてもらえば、3ヶ月に一回かければ綺麗な状態を維持出来るということでです。

半年も経ってしまうと、少し広がりが出たり根元のツヤもなくなってきます。

出来るのであれば、3ヶ月ぐらいがベストでしょう。

非常に強いくせ毛も3ヶ月なのか!?

逆に非常に強いくせ毛ですが、やはり3ヶ月が妥当でしょう。

なぜなら、今度は傷みが気になってくるからです。

縮毛矯正の回数
  • 2ヶ月に一度かけていくとすると、1年で6回。
  • 3ヶ月に一度の場合4回。

出てくるくせ毛の場所だけといっても少し被せて施術するので2回分薬がつきます。

そして、重なるとダメージが出てきてしまうので、過剰にはやらない方が良い

です。

ただ、どうしてもやりたい人には完全保護の薬を使ったやり方もあるのでご相談ください。

髪の長さによっても多少変わる

ショートカットの人とロングの人でも違いが出てきます。ショートの人は3ヶ月ぐらいで気になると思いますが。ロングの人は気にならない人もいます。

ロングの人は最低3ヶ月空ければ、来たい時に来てくれれば良いと思います。膨らみ、広がりが気になるようでしたら、ご来店ください。

縮毛矯正の頻度は!?かけるタイミングのおすすめを紹介のまとめ

頻度、タイミングのまとめ
  1. 原則、3ヶ月が目安。
  2. 強いくせ毛の人も3ヶ月がおすすめ。
  3. ロングの人は3ヶ月以降、気になり出したらでOK
3ヶ月が一つの目安です
佐々木真吾

上記でまとめた感じで守ってくれれば、綺麗な髪で過ごせると思います。
それでも「わからない、不安だ」とと思う人はLINEでお友達になって連絡いただくとご相談出来ますので、お気軽にご相談ください。

友だち追加

最後に素敵な髪を維持して毎日を楽しく快適にお過ごしください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました