スポンサーリンク
ハホニコ・ハッピーライフ

縮毛矯正と髪質改善トリートメントの違いは!?メリット、デメリットを解説!!

スポンサーリンク
縮毛矯正や髪質改善トリートメントをした写真縮毛矯正のお話し
この記事は約5分で読めます。

本記事は縮毛矯正と髪質改善トリートメントとの違い、メリットやデメリットについて解説していきます。

縮毛矯正についてについてお客様からよく聞くのが

「傷むから縮毛矯正はかけたくない!!」

「くせ毛を生かしてカットだけで何とかしたいわ!!」

ですね。

髪質改善トリートメントは

「髪質改善トリートメントをしてもくせは伸びなかった!!」

「洗ったらすぐくせ毛が出てきた!!」

ですね。

これは、いろいろ間違った情報が出ているためです。まずはここをスッキリさせていきましょう。

縮毛矯正について間違った誤解

縮毛矯正はたしかにダメージが出る技術です。それは間違いないです。

しかし、しっかりとした技術者が適切な縮毛矯正をかけることで最低限のダメージでかけることが可能です。

2つの写真を比べてみてください↓↓↓

縮毛矯正をする前の髪

縮毛矯正をした後の髪

どちらが綺麗に見えますか!?または、傷んでいるように見えますか!?

もう一つの例です。↓↓↓

縮毛矯正をする前の髪

縮毛矯正後の写真

あきらかに前者の方が傷んで見えるし、後者の方が綺麗になります。

縮毛矯正という技術は、髪を綺麗に魅せることが出来る技術の一つです。

基本は、くせ毛の部分に一度だけ縮毛矯正をするので、ダメージが積もっていくこともありません。(毎回全体をかけるのは、絶対にやめましょう)

もしかしたら、一年ぐらい経って毛先にかけ戻り(くせが出ること)が出ても弱い薬で十分伸ばせますので、心配いりません。

また扱いやすい髪にもなるし、ダメージを気にしすぎて綺麗にならないのは、本末転倒です。

くせ毛の人は縮毛矯正をかけて綺麗になってくださいね。

縮毛矯正という技術は、かなり技術者の腕に関わってくる部分が多いので、なるべく評判の良い技術者にしてもらいましょう。

くせ毛をカットだけで綺麗に収まるように出来るのか!?

雑誌やネットを見ると、カットだけでくせ毛を収めることが出来るみたいなことも書いてあります。

半分正解で半分間違いです。

どういうことかというと、くせ毛の種類によって出来る場合と出来ない場合があります。

例えば、こんなくせの場合はカットだけでは難しいです。

くせ毛の写真

強く細かいくせ毛です。後は、長さも関係してきます。

例えば肩付近で跳ねるゆるいCカールのくせ毛の場合は、顎付近で切れば収まる可能性もあります。

襟足付近の一部分が動いてしまうくせであれば、ディスコネクションカット(一部分だけ切り落とすカット)で収まる場合もあります。

ようは、カットのみではすべての髪質には対応出来ません。

美容師と相談して一番綺麗になるようにしてもらいましょう。

髪質改善トリートメントはくせ毛は伸びない!?

髪質改善(酸熱)トリートメントの仕上がりを良くネットで見かけます。髪質改善トリートメントの工程を見てみましょう。

  • STEP1
    髪を濡らす
    髪質改善トリートメントは濡れている髪に効きやすいので濡らします
  • STEP2
    薬を塗る
    髪質改善トリートメントを塗ります。
  • STEP3
    温める
    単品使用の場合は温めます。他の技術と併用の場合はそのまま時間を置きます。
  • STEP4
    薬を流す
    薬を流します
  • STEP5
    乾かしてアイロンをする
    乾かしてアイロンで熱固定をして終わりです。

最後にストレートアイロンで熱固定をしますので、仕上がりの写真は、ストレートでサラサラの写真になります。

髪質改善トリートメントは、内部のくせの構造を緩和する力があり、また新たな結合(イミン結合)を作ることでくせを収めることが出来ます。

ただ、髪の横の側鎖(シスチン結合など)の方が強固なので、くせを綺麗に伸ばす力はありません。

そのため、ふわふわしたくせが穏やかになる、回数を重ねると収まってくるという感じになります。

くせ毛で悩んでいる人は縮毛矯正を選びましょう。

傷んで縮毛矯正をかけられない人には、一つの選択肢として有効です。

縮毛矯正の毛先など(一度縮毛矯正をしている場所)にも使えて髪が綺麗になるので僕はそういう使い方をしています。

くせ毛をしっかりと伸ばしたい人は髪質改善トリートメントではなく、縮毛矯正です。髪質改善トリートメントはトリートメントですので、気をつけてください。

髪質改善トリートメントのメリットは何か!?

髪質改善トリートメントのメリットはなんと言っても圧倒的なツヤであり、髪質がしっかりとすることです。
そしてトリートメントなので髪に良いです。

一部傷むや、ビリビリになったとの情報がありますが、傷んだり、ビリビリなったりする薬は使われていません。あくまで、美容師側の失敗だと思われます。また、かなり酸度があるのでアルカリに傾いた毛をいきなり酸性に振ると過収れんを起こして傷む場合があります。これも美容師側の不注意なので、髪質改善トリートメントが悪い訳ではありません。

髪質改善トリートメントをした髪

縮毛矯正と髪質改善トリートメントのいいとこ取りをした髪質改善縮毛矯正

施術工程や効果が似ていることから、2つの技術を融合させた方法もあります。

髪質改善縮毛矯正です。

この方法が出てきたおかげで、ブリーチ毛にも対応出来るようになりました。

髪質改善縮毛矯正は、傷んでかけられなさそうな髪にも対応出来ます。まさに究極の縮毛矯正であり、髪質改善トリートメントです。もちろん、傷んでなくても出来るのでしてみたい人がいたら、お気軽にご相談ください。

縮毛矯正と髪質改善トリートメントのまとめ

本記事は縮毛矯正と髪質改善トリートメントの違い、メリット、デメリットについて書いてみました。

何か質問があれば、下記のフォーラムからお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました